--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/02/07(土)
『山下 清展』
2009-02-07 190

先日、山下 清展に行ってきました~♪
初めて山下 清画伯の絵を拝見したのですが・・・
想像以上の作品でビックリしました。
山下 清画伯といえば、貼り絵が有名ですが、単に切って貼ってじゃないんですよ。
上の『自分の顔』という作品。
これ、間近で見るとびっくりしますよ。笑
髪の毛なんか一本一本棒状にねじってあるものが貼り付けてあり、立体的になってるんですから。

年台別に作品が展示されていて、年台ごとに技法が段々こってくるんです。
画伯は生活をしていた学園で最初に貼り絵というものを学んだようですが、それは、いわゆる子供の“普通の”貼り絵。だけど・・・
年々色んなものを見て、体験し、その影響を受け、それを表現する為に独自の技法を取得し、開花していったのですねぇ!!
いや~素晴らしい!!

貼り絵の他にフェルトペン画なども展示されています。
これがまた実に素晴らしいのです。
昆虫などの絵から始まり、主に風景画が多いのですが、実に細かく表現されています。
上のポスターでいいますと、花火の貼り絵の左下の白黒の絵がフェルトペンの絵なのですが
驚くことに、これらのフェルトペン画は、下書きなしだそうです。
TVなので放浪の旅の、その先々で絵を書き残し、世話になった人にプレゼントしたというように紹介されていますが、それはテレビ的なことで実際には旅から帰ってきて自宅で貼り絵やフェルトペン画を書き上げたのだそうです。
なので、この細かいフェルトペン画も風景を見ながらではなく、見てきた風景を頭のなかに記憶させ下書きせずに書き上げるらしいのです。
天才であります。

展示会場は4つのお部屋に分かれているのですが、とっても見ごたえのあるものでして・・・
ノンはなんと3時間もうろうろしてましたです。
ここ伊丹では2月22日までしているようですので、機会がある方は是非おすすめですよ♪

2009-02-07 186

山下 清展は伊丹市立美術館というところで開催されているのですが・・・
伊丹郷町館 と隣接しており、あわせて見学することができます。
こちらは・・・
旧石橋家住宅
江戸時代後期に建てられた商家。主屋の正面はつし2階の塗り込めの軒裏と虫籠(むしこ)窓、出格子窓、正面の摺(す)り揚げ大戸の出入口装置やバッタリ床几(しょうぎ)、揚見世(あげみせ)など、建設当初の店構えを残していることから、平成13年に県指定文化財になりました。石橋家は、18世紀に猪名野神社の門前通り北少路村に移り住んで商売を始め、明治以降、紙と金物の小売業のかたわらに酒造業を始め、日用品の雑貨商を営んでいました。

2009-02-07 188
そして・・・
旧岡田家住宅(店舗・酒蔵)
江戸時代の延宝2年(1674年)に建てられた町家で、建立当初から酒造業を営んでいました。岡田家の所有となったのは明治33年。店舗は、兵庫県内に現存する最古の町家で、年代が確実な17世紀の町家としては全国的にも貴重。酒蔵は、現存する最古の酒蔵で、江戸時代に隆盛を極めた伊丹の酒造業の歴史を今に伝える重要な文化財です。平成4年1月21日重要文化財に指定されました。内部には伊丹の酒造業の歴史の展示を行なっています。

2009-02-07 179

2009-02-07 178 2009-02-07 176
2009-02-07 182 2009-02-07 181

中はこんな感じになっており・・・
お兄さんやお姉さんが色々説明してくれますよ♪

2009-02-07 166

ほっこりしますね

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/07(土) 22:45:15 | | [ 編集]
ノン♪
えっちゃん
画伯の作品を見たことがあるのですね♪
いや~・・・天才だよね。
きっと、ひたむきな性格があれらの作品を生むんだなぁ・・。
2009/02/07(土) 23:53:16 | URL | [ 編集]
かぁふ
伊丹にこういうタイムスリップ的な空間があるんですね。
西宮でも浜の方に行くと酒屋さんが並んでるしこういうのが残ってるんかな?
知ってるようで知らない地元、まだまだ探検が必要か。
2009/02/08(日) 00:38:41 | URL | [ 編集]
ノン♪
かぁふさん
こんばんは★
JR伊丹付近、結構こういうお家もまだ少しありますよ♪
そうですね!西宮もお酒どころですよね♪
ノンもなんだかんだ言ったって、今回初めて入ったんですけどね。爆
2009/02/08(日) 00:49:06 | URL | [ 編集]
かぁふ
はい、「灘五郷」ってやつですね^^
地酒から、全国で売っている大手の銘柄まで。
「宮水」…習いました。小学校の社会科で。
僕が生まれた頃は、酒屋の一族の人が市長やってました。
そんな環境に育ったからかどうかは分かりませんが、
アルコール類は外せないのです^^;
2009/02/08(日) 09:43:43 | URL | [ 編集]
ノン♪
かぁふさん
そうですよね♪
育った環境の影響は大きいです!!
ノンのおうちは、門限、男女交際、喫煙等には非常に厳しいおうちなのですが、お酒だけは、まだよちよち歩きの頃から飲まされていました。
おかげで家族一の酒豪に成長しました。笑
2009/02/08(日) 21:18:12 | URL | [ 編集]
ヒデ
ぼっぼっぼっ僕も山下清はすすす好きなんだな。
ドラマの山下清の役は芦屋雁之助が有名ですが
昭和30年代の半ばに映画で小林桂樹が演じたのが最初です。
戦中戦後の彼の様子がよく描写されている秀作です。
機会があったら見て下さいね!
ドラマのは脚色され過ぎて最後は水戸黄門チックになってしまったのがとても残念です。
と言うわけでおっおっおっおむすびを下さい。おっおっおっ終わり。

八幡学園のヒデより
2009/02/09(月) 21:47:18 | URL | [ 編集]
ノン♪
ヒッヒッヒッヒデ師匠はいつも、わっわっわ笑いのセンスがイッイッイッイケテるんだな。
あの渋い小林桂樹さんですか?意外~♪
今は塚地でしたっけ?
芦屋雁之助さんもピッタリでしたけど。笑
小林桂樹さん版、まさかのビックリですよ!!
2009/02/09(月) 22:00:09 | URL | [ 編集]
さぼてん
ノンさん3時間も放浪してたのか~。あのメロディーが繰り返し繰り返し頭に流れてきますね~。
2009/02/09(月) 22:54:00 | URL | [ 編集]
ノン♪
さぼてんちゃん
そちらの方で開催されたら、是非行ってみて♪
さぼてんちゃんは絵を見て感動して泣くと思う♪
2009/02/09(月) 23:06:01 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。