--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2011/03/24(木)
『エクセルシオール カフェ のチーズケーキ』
IMG_1482.jpg

お食事の後はデザート。笑
トンカツ屋さんからすぐ近くのエクセルシオール カフェ 。
バス乗り場からあんまり離れたくないので、気の利いた店がないんですよ。この辺。
張り切りすぎて家を出たのが早過ぎた。
時間が余って余って・・・
仕方なくカフェです。
といいつつ・・・
女子って、どうしておなかいっぱいなのにスイーツは入るんだろう。笑

IMG_1481.jpg

はじめて食べたエクセルシオール カフェ のチーズケーキです。
結構大きめで確か420円だっけ?
これが美味しいのなんのって!!
こんなところにこんな美味しいチーズケーキがあるなんて大きな発見!!
ああ・・・断面図も撮れば良かった・・・
なんせ、食べるのに夢中で。苦笑
今度は、おみやげに買って帰ろう♪




東北地方太平洋沖地震 義援金・ボランティア関連情報はこちら>>>

スポンサーサイト
2010/03/16(火)
『大塚国際美術館・・・その3』
画像 381

大塚美術館の中でもノンがもっとも好きなお部屋。
スクロヴェーニ礼拝堂の壁画を再現したお部屋☆
こちらには【最後の審判】【聖母の生涯】【キリストの生涯】が描かれています。
ストーリーになっています。
鮮やかな深いブルーがなんだか和み・・・
下の長いすで、しばらく寝そべってしまった(誰もいなかったので)
なんなら、ここでちょっと寝ていくか~
・・・・っと思ったら・・・
監視カメラを発見!!
凄い勢いで起き上がったノンであります。

画像 397

『受胎告知』の絵が、たっくさんありました。
中でも気に入ったものを4点ご紹介します。ピンボケですみません><

この美術館では是非ガイドさんをお願いするのがよいと思います。
私たちは、お願いしなかったのですが、知らないグループに勝手に仲間入り♪
おかげでガイドさんのお話を聞きながら絵を見ると、感動が何百倍にもなります。

さて・・・たくさんの画家が描いている『受胎告知』とは・・・

処女マリアに天使のガブリエルが降り、マリアが聖霊によってイエスを身ごもることを告げ、またマリアがそれを受け入れることを告げる出来事。

上の作品はフラ・アンジェリコの作品。
色合いが優しく、天使ガブリエルの羽の色が独特。マリア様も初々しい。

ガイドさんによると、皇后美智子様はいつまでもいつまでも、この絵の前からずっと離れようとされなかったほど気に入られた絵だそうです。(美智子様がご覧になられたのはサン・マルコ美術館の本物の作品だと思いますが)

画像 398

誰の作品か忘れました・・・テヘヘ
この絵にはガブリエルだけでなく天使が二人描かれています。
上のアンジェリコの作品は、ガブリエルがこっそり知らせに来ているのに、この作品はなんだか開放的です。

画像 400

こちらの作品には天使ガブリエルの手に百合の花が描かれています。
受胎告知を題材にした作品には百合の花を描いている画家が多いのです。
なぜだと思いますか?
ガイドさんによると・・・
百合はマリアの処女性を象徴していると言われています。
ただ・・・どの画家の百合にもおしべやめしべが描かれていません。
処女性を象徴しているので、そのようなことなく受胎しとことを表現しているのだそうです。
なので、あえて、めしべ&おしべは描かれていないのだそうです。

画像 402

ピンボケでわかりにくいのですが、ダヴィンチの作品です。
マリア様の目が小さくダヴィンチらしいマリア様です。

それにしても・・・
ある日窓から、天使ガブリエルがふら~っと入ってきて・・・
『あんた~神の子身ごもったで~』なんて言われた日にゃ~
ちょっと、がっかりですよね。
神とはいえ・・・そんな勝手な・・・
見ず知らずの・・・愛したわけでもない人の子を・・・
しかも、この先の人生だって荷が重い・・・
私ならお断りだ!



大塚国際美術館より車で5分ほど・・・
バスでも10分くらいの近場のホテルは・・・
ルネッサンスリゾートナルト
(料金はシーズン、お部屋によって変わります)

人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
ポチっとヨロシクね♪ 
2009/09/05(土)
『メトロこうべ』
2009-05-13 090

帰りは新開地駅から・・・
新開地駅には“メトロこうべ”という商店街があります。
ちょっと変わった商店街です。

2009-05-13 114

地下街にずーーーんと長く広がります。
途中、地元の学生が描いた絵が紹介されていたり・・・

2009-05-13 120

とっても大きな古本屋さんが、数軒並んでいます。
ここの古本屋さん、結構難しい専門書が多いらしく遠方からわざわざ、目当ての書籍を探しにいらっしゃる方も多いそうです。

2009-05-13 116

なんと!
卓球所もあります。
写真の2~3倍のとっても広い卓球所です。
この日は日曜日だったので、家族ずれでいっぱいでした。
父と子・・・こういう時間は、とても大事ですよね。
今の時代、こういう時間を持たない親が増えているようですが、ほったらかしでゲーム機を与えインドアな軟弱な子に育てがち。
父と子が卓球やキャッチボールや虫捕りを一緒に楽しむ、そういうことで人生には時に勝負が必要なこと、生き物の命の大事さなど自然に覚えるんじゃないでしょうかね。
日本のお父さんお母さんには、子供にこんな時間をもっと作ってあげて欲しいと思います。




にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチっとヨロシクね♪ 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。